顎関節症Temporomandibular disorders

顎関節症

顎関節症

口の開閉といった顎の運動に伴う筋の痛みや違和感として自覚される機能障害と、顎関節の雑音や関節痛を伴う可動制限を包括して顎関節症と呼びます。原因は多因子的であり、精神的ストレス・局所疲労を蓄積させる生活習慣、噛み合わせの異常、外傷などがあります。

 発生頻度に性差はなく、医療機関への受診数は女性で高頻度(70%以上)です。好発年齢は10代後半~20代が一つのピークで、二つ目のピークは40代以降にありますが、最近では10歳未満の若年で発症する頻度も増加しています。

 治療方法としては、ホットパックによる温罨法(おんあんほう)、各筋の圧痛点に対するマッサージ、開口運動やあごの側方運動によるストレッチング、マウスピース装着などが効果があります。

 お悩みの方は是非当院へご相談下さい。
(月に一度、口腔外科専門医で防衛医科大学名誉教授もご高診していただけます。)


診療科目

診療科目

▲ページの先頭に戻る