ノンクラスプデンチャーNon-clasp Denture

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯を維持安定させるバネ部分を人工の歯ぐきと同じ特殊な材料で作る入れ歯です。バネに金属を使用しないため、審美的に良好です。

入れ歯と気づかれたくない方におすすめします。(保険適用外)

「今の入れ歯ではちょっと…」とお悩みの方に

入れ歯に金属のバネがある・ないの違いだけで口元の見た目は大きく変わります。

金属のバネがない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は快適で自然な美しさのある入れ歯です。

● 自然な美しさ

従来の部分入れ歯に見られる金属のバネがありません。
大きく口を開けても入れ歯だと判らないほど自然で美しい口元に。口元を気にすることなく食事や会話も気分もはずみます。

● 快適なつけ心地

入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。
入れ歯のつけ心地が良く違和感もないので食事や会話も気持ちよく楽しめます。

● 歯にも優しい

残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、金属のバネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は 残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。
しっかり噛めて、残っている歯の健康も維持します。

金属アレルギーでも大丈夫

ノンクラスプデンチャー

素材はプラスティック系のナイロン素材です。半透明で歯ぐきの色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があり、材質もFDA(食品衛生医薬局)に認可されています。透明感があり、破折に強く、割れたり折れたりしません。しかし、くにゃくにゃで物が噛めないということは有りません。

また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方も安心して使用していただけます。

※吸着を利用して安定を図る総義歯は材質的に不向きです。

診療科目

診療科目

▲ページの先頭に戻る